google-site-verification=H3yru7RvTBt60z_X4bkHr2ST3fIk0s9p0J7_wAfepSc

『アンダーコートスプレー』+『コントラストカラー』を使った お手軽&時短ペイント

WHを始めたばかりの人へ

こんにちは、マキヲGです。

本日の内容は

「かんたんでも、それなりに見えるペイント方法」

です。

今回の記事は


①ゲームを楽しみたいので、ペイントの時間を減らしたい
②時間がないから、かんたんに塗りたい
③手間はかけられないけど、ちょっとはこだわりたい


って方におすすめの内容になっています。

それでは始めていきます。


このブログは「ウォーハンマーを始めたい」という方に向け発信しています。


はじめに

まず用意する物が2点あります。

「黒のアンダーコート」

「白のアンダーコート」

です。

この2つを使うことで

かんたんに

手早く

それでいて、そこそこの見た目

に塗ることができます(↓に例を貼っときますね)

左が黒→白スプレー、右が白スプレーだけ。

どちらもコントラスト後に、レイヤーやシェイドはやってない状態です。


ぼくが左側が好きなのもありますが、右はなんか物足りなく感じますね。

左はこのままでもOK or レイヤーカラーを塗れば良さそうです。

右はシェイドなどで、影部分を暗くする必要がありますね。

今回はこの作例の

「左側」

の方法を説明する回になります。

それではどうぞ↓


黒のアンダーコート

これはみなさん持っているんじゃないでしょうか?



今回紹介する塗り方じゃなくても使うので、持ってない方は1本買っておくと捗りますよ。

とくに黒いアーミー(StDなど)を塗っている方は、これを吹くだけで

「ベースを塗る作業」

から解放されます。

ベースを塗るのって案外時間かかるんですよね。

最近『KHORNE』のスタコレを作っているんですが、さすがに赤のカラー塗るのに飽きてきました笑。

その作業時間を短縮して、細部にこだわってあげましょう。


白のアンダーコート

今回の主役がコチラ



コントラストカラーを使うときに必須

と言ってもいい

『白のアンダーコート』

です。

コントラストは隠ぺい力が低く、下地が黒いと本来の色が出てくれません。

白い下地にすることでキレイな色が現れるので、コントラストカラーを使っていこう思っている方は購入しましょう。


コントラストカラー

いま発売されているカラーは50色くらいです。

ベースやレイヤーと比べると物足りなく感じますが、とてもキレイな色がそろっています。

ぼくがよく使っているのが『FLESH TEARERS RED』ですね。

これを使ってStDのマントや、最近はKHORNEの”ブラッドレター”を大量に塗っています。



自分の使うアーミーや、好きな色を選んで購入しましょう。

使っているうちに、ほかの色も試してみたくなってきますよ。


じっさいに塗ってみた

さてここからは『ぼくがやっている手順の説明』です。

①まず黒アンダーコートを吹く

※ワンポイント
ここで黒のアンダーコートを使う理由は
『影になる部分を黒くする』
ことです。
そのため、ミニチュアの下側をメインで吹きましょう!


②白アンダーコートを吹く

黒とは逆に、こちらはミニチュアの上側に

『光が当たって明るくなっている場所』

を作るために吹きます。

頭は白く、おなかは黒く。


③コントラストを塗る

さきほども画像を貼りましたが、もう一度。

まずは黒→白のスプレーをやったミニチュアです。

頭などの白いスプレー部分は明るく、胸などは暗くなってますね。


つぎに白アンダーコートだけの個体です。

こちらが白の下地を吹いただけの個体です。胸のところが↑と比べて明るいですね。


おなじ色を塗っているのに、これだけ差が出るのはおもしろいですよね。

白のスプレーがかからなかったところが暗くなるので、なにもしてないのに自然と影になってくれます。


ほかの例として、めっちゃ上手くいった”スフィランクスのツノ”をご覧ください。

下地のスプレーを2回吹くというちょっと面倒な仕込みはありますが、

そのちょっとの手間で仕上がりが

グッ!

とよくなります。

スフィランクスもおなじ方法で塗っているので、興味を持った方はこちらからどうぞ↓

マインドスティーラー・スフィランクスをペイントする:マキヲGのかんたんミニチュアペイント
こんにちはマキヲGです。 今回ペイントするのはコチラ。 大人気の『スフィランクス』です。 これずっと塗ってみたかったんですよね。 ただ参考にしようといろいろ調べたんですが、完成画像は出てきても 『こんな感じに作りました』 ってものは見つける...


デメリットはあるの?

ここまではメリットを説明してきましたが


①スプレーが2本必要
②エアブラシと違って噴出口が広く
『ピンポイントで明るくしたい場所を狙えない』


というデメリットもあります。

スプレーは何本あってもいいと思っていますが、

「狙った場所以外も白くなってしまった」

ということはあるので、覚えておいてください。


テレイン(建物)に使うのがオススメ!

アンダーコートを2個使ったこの方法は、テレインのペイントにオススメです。


ぼくは

「テレインはアンダーコートのままでも止む無し」

「ミニチュアのペイントが忙しくて、テレインに手が回ってない」

という人間で、そんなぼくのテレインペイントは


アンダーコート黒→白→コントラストカラー『どばー』→ドライブラシ


です笑。

いま新しいテレインをペイントしているので、

完成したら新しく記事にしようと考えています。


まとめ

今回はスプレーを使った、かんたんなペイントの紹介でした。

最後に今回の内容のメリット、デメリットを確認しましょう。


●メリット

・すこし手間がかかりますが、かんたんにペイントすることができる。

・時間短縮が見込める。

●デメリット

・スプレーなので、自分で思っている場所を明るくすることができない

・細部をこだわりたい人は

白スプレー→コントラスト→シェイド

の方が思い通りの仕上がりになる。


スプレーを一気に吹くことで時間短縮にはなりますが、

自分が狙った場所を明るくするのがむずいですね。

ただ冒頭に書いたように

「時間がない方」

「ゲームを楽しむためにペイント時間を短くしたい方」

にはオススメの方法になります。


今回紹介したアンダーコートは当店のBASEでも販売しています。

この記事を読んで興味を持ってくれた方は、当店を利用してくれると嬉しいです。

5000円以上購入していただけると送料無料になるので、

スプレーなら2本買うとお得です。

TCGショップMAG:ウォーハンマーショップ powered by BASE
2021年7月~長野県で初めてウォーハンマー正規販売店になりました。実店舗の場所は395-0804長野県飯田市鼎名古熊2104-1ローズアネックス12F203号室TCGショップMAGです。担当者がウォーハンマーのブログを書いています。どなた...


今回はここまでです。

それでは皆さんよいペイントライフをノシ


おまけ

さて、最近ぼくはコントラストカラーをおすすめしています。

ただ

「あたらしくコントラスト買おうにも、もうベースカラーがいっぱいあるしなぁ・・・・・・」

という方もいると思います。

実際ぼくも、いまはほとんど使っていないベースカラーがあったりします。

ですが『まったく使ってないか?』と言われれば

「NO」

です。

コントラストを塗って暗くなる部分がありますよね。

そこの”ハイライト”をベースカラーで行っています。

この日は塗り方がわかんなくなって迷ってますw

たとえば↑のマント。

凸凹の谷間が

「これもう黒じゃね?」

ってくらいに暗くなっています。

こういった部分にレイヤーを塗ると、明るすぎちゃうんですよね。

なのでベースカラーの『KHORNE RED』を塗って、そのあとレイヤーを重ねています。

またベースでも明るいと感じたら

「コントラストとベースを混ぜて(今回の例だと『FLESH TEARERS RED』+『KHORNE RED』)」

使ったりしてます。


今回ぼくは黒→白のアンダーコートを使う方法を紹介しました。

もちろんこれだけが正しいペイントではなく、シェイドカラーで影の部分を塗るのももちろん正解です。

みなさんも自分でしっくりくるペイント方法を探してみましょう!



ほかのウォーハンマー記事はこちらからどうぞ↓

ウォーハンマー
「ウォーハンマー」の記事一覧です。

コメント