google-site-verification=H3yru7RvTBt60z_X4bkHr2ST3fIk0s9p0J7_wAfepSc

通販詐欺にあわないために: 最初に確認したい3つのこと

WHを始めたばかりの人へ

こんにちは、長野県でウォーハンマーを売っているマキヲGです。

先日

「ネットで商品を買ったけど届かない」

というツイートを見かけました。

実はぼくも通販詐欺に引っ掛かりそうになったことがあり、

他人事ではないな

と感じたため、今回記事にしました。

ぼくが気をつけている点は


①発送元の住所をググってみる

②店舗名をtwitterで検索する

③『PayPal』『Amazon Pay』などの選択肢がなく、銀行振込のみの場合は特に注意する


というものです。

どなたかの防衛知識になれば幸いです。


住所をググる

通販サイトには『住所の記載』があるはずです。

まずこれがない場合には疑いから入りましょう。

当店のBASEにも

『特定商取引法に基づく表記』

というページがあり、そこに所在地が書かれています。

その住所(もしくは店舗名)をググってもお店の情報が出てこなければ、購入はやめておきましょう。


SNSで検索する

当店もtwitterで発信をしていますが、

店舗を運営しているのなら、何かしらのSNSで

「商品が入荷しました」

「予約を行っています」

「この日にイベントがあります」

など、情報発信をしていると思います。

宣伝しなきゃ誰にも知ってもらえず、お店が潰れちゃいますからね。


SNSを使っていない店舗もあると思いますが、

そういった宣伝をしていないお店が、通販だけやってるって何かおかしいですよね?

ぼくは個人的に

SNSと通販をやっている→わかる

SNSも通販もやってない→地元の方を大切にしてるんだな

SNSはやってないけど通販はやっている→?

と考えています。


決済方法に注意する

当店ではウォーハンマー商品をBASEにも出品しています。

BASEで購入してくれる方のお金は、いったんBASEさまに入金されるんですね。

そのためBASE運営側で

この出店者おかしくね?

と判断されれば、出品者にお金が入らない仕組みになっています。


世界中で利用され、頑丈なセキュリティを持つと言われている

『PayPal』

や、みなさんご存じアマゾンの

『Amazon Pay』

が使えるのも、

間に企業が入ってくれている

という理由から安心できますよね。


では

支払いが銀行振込だけ

の場合はどうでしょうか。

間に入ってくれる企業もないので、お金を振り込んだ後にトラブルになったら

自分で決着をつける以外の方法がありません。

消費者生活相談窓口や警察に行って、相手の銀行口座を凍結してもらう

といった手続きになるでしょうか?

ぼくの偏見ですが、お金戻ってこなさそうですよね。


被害にあってしまったときは

ぼくは専門家ではないので、ネットで検索した知識になります。

銀行口座に振り込んでしまったときは警察に、

クレジットカードでの支払いの場合はカード会社に、

それぞれ相談するといいようです。

どちらも『振り込んだ』『カードの利用明細』などがあった方がいいみたいですね。


おまけ:ぼくが引っ掛かりそうになった経緯

ケイオスディーモンの日本語コデックスが発売された2022年9月ころ。

ぼくはどうしても

『ティーンチのスタートコレクティング』

が欲しかったんです。

生産終了してます。


KHORNEのコンパトやスタコレは注文できたのですが、上記商品はどこにもない。

諦めきれず何日か検索していると、とある 2つの通販サイトに

在庫あり

と表示されていて、

しかも定価より安く販売されていました。


自分が欲しい商品が、定価より安く売られている

しかし、まったく聞いたことがない店舗名・・・というか

実店舗があるのか?もわからない

販売サイトでした。


「どうしても欲しい」

「ぜったいに怪しいだろう」

という気持ちが錯誤し、隅々まで販売ページを確認していたとき、ふと違和感がありました。

その2つの通販サイトの住所は大阪と北海道でしたが、


『○○チャンネル』


という文字が記載されていたのです。

それは

東京にある店舗の方がやっているYouTubeのチャンネル名

でした。

ぼくは偶然それを知っていたので


あ、これ詐欺サイトだ!


と、気付くことができました(twitterでその店舗の方に聞いてみたりもしました)。

『○○チャンネル』

と入れておくと、そのYouTube動画を検索する人が、

通販サイトに来てくれる可能性が上がりますからね。


まとめ

ぼくもそうでしたが

どうしても欲しい商品がある

より安く売っている

という情報は目を曇らせてしまいます。

いったん落ち着いて、住所だけでもググってみましょう。

また被害にあってしまった場合は、おちついてカード会社などに連絡しましょう。


それでは今回はここまでです。

みなさん良いウォーハンマーライフをノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました