google-site-verification=H3yru7RvTBt60z_X4bkHr2ST3fIk0s9p0J7_wAfepSc

ウォーハンマーと天秤にかけて辞めたこと。

ウォーハンマー

こんにちは長野県でカードショップを経営しているマキヲGです。

最近とある商品の「買取」を終了しました。

理由は1つ


その商品の大量の買取がきたときに
「この時間、ウォーハンマーに使いたいな」
と思ってしまったから


です。

よく言われていますよね


「やりたいことをやろう」


今回のぼくの例で言えば、やりたいことは「ウォーハンマー」です。


自分の時間は可能な限りウォーハンマーに充てたい。

でも時間には限りがある。

やりたいことも全部はできない。

ではどうしよう?


と考え

やりたいこと(ウォーハンマー)以外のことを削りました。

どうしようか?と考えたことが3つありました。

ぼくなりにいろいろと考えたので、誰かの何かの参考になればいいなと思います。



①コレ、なんでやってんだっけ?

ぼくは店で特に決まった担当商品もなく、のらりくらりと色々やっていました。


平均して知識はあるけど特化してない


って状態です。

いままではそれでよかったんですが、2021年7月から担当する商品ができました。

このブログを見てくれている方はご存じの「ウォーハンマー」ですね。

ウォーハンマーを遊んでいるときは本当に楽しく、木・土曜に行っている

「ウォーハンマー交流会」

というイベントは


「仕事中にウォーハンマーやってていいんか?この職場って最高じゃん!」


とか思ってました。

7/11のツイートで本音が漏れてますね笑。


そうなると不思議と考え方が変わるもので

「いままではできていた仕事」(自分が詳しくない商品の取扱い)

が苦しく感じてきました。


「コレ、なんでやってるんだっけ?」

「この時間、ウォーハンマーのために使いたいな」


そう思い始めました。

もちろんこれは「その商品が悪い」ということではなく

「自分の中で変化があった」

ということですね。

もちろん商売なので

「ウォーハンマーを真剣に担当すれば、その商品より売上が増えそう」

といった考えもあり、買取停止を決めました。


②完全にやめてしまうか、縮小して続けるか

その買取を終わらせてから新しい考えが浮かびました。


「完全にやめてしまうか?それとも続けるか?」


売り上げはあったので、続ければ多少なり利益にはなる。

ただ大会などを開催していたときにも思っていたんですが


「専門の担当者がいなくて、来てくれる方に対してロクな接客ができていない」


という問題がありました。

大会で聞かれたルールもわからない。

レジでパックを買ってくれた方に気の利いた言葉もかけられない。

こんな状況で商品を扱っていると言えるのか?と。


「大会だけでも開催して欲しい」

という声もありましたが、上記の考えから



「新弾のパックと買取」


この両方の取り扱いを辞めました。

いま店内にある以上に商品が増えないので、いずれは「その商品すべて」の取り扱いを終了するつもりです。


③やりたいことをやる

当然ですが時間は有限で「やりたいこと」でもすべての事ができる訳じゃありません。


やりたいことの優先度を上げ、やらなくて良いことをやらない。


いままで色んな人が何度となく言ってきたことだと思いますが、改めて自分のことになった瞬間に

「あ、これか」

となりました。ぼくで例えると


やりたいこと=「ウォーハンマー」

仕事前に遊ぶため、朝8~9時に店に来てたりします。


やめたこと=「朝起きて布団の中でだらだらすること」「寝る前に布団の中でスマホをさわること」


どんだけ布団の中でムダな時間使ってたんだよ!って話ですが、いまは

「朝8~9時に店に来る→夜24時ころ寝る」


っていう良いかんじのサイクルに入りました。

朝早いから、帰ってから布団に入るとそのまま寝ちゃうって感じですね。

やりたいことをやるようにしたら、やらなくて良いことが勝手に削れてくれました。


まとめ

ウォーハンマーを始めるため、集中して遊ぶためにいろいろと辞めました。

個人的なことから今回のように店舗のこと。


もしかしたらこの先

「ウォーハンマーを辞める」

という選択肢も出てくるかもしれませんが、そのときはそのときで。


未来は誰にもわからないので、いまやりたいことを真剣にやろうと思ってます。

とりあえず「インドミトゥス」のベースカラーが終了しそうなんで、グラデーションだったりNMM(ノンメタルメソッド)だったりを試してみようと思います。


「好奇心は猫を殺す」

という言葉がありますが、ぼくは


「好奇心ほど前に進む力をくれるものはない」


と思ってます。

ウォーハンマーも同じことの繰り返しではなく

グラデーションを自分なりに試したり

NMMをやってみたかったり

コントラストカラーを使ってみたかったり

してます。

やりたいことだらけで時間がいくらあっても足りないんです。


自分のやりたいことを選択して、いまやっていることを辞めていく。


辞めたことで生まれた時間を、さらにウォーハンマーを理解することに注いでいく。

そんなことが大切なんじゃないでしょうか。


それでは今回はここまでです。

また次回ノシ

コメント