google-site-verification=H3yru7RvTBt60z_X4bkHr2ST3fIk0s9p0J7_wAfepSc

ゼロから始めるアンダーワールド④: サエてる奴らってどんなヤツら?

WHを始めたばかりの人へ

こんにちは、長野県でウォーハンマーを売っているマキヲGです。

今回のウォーバンド紹介は、ハロウディープの好敵手に入っている


サエてる奴ら


です。

ぼくは使う前、失礼ながら

「この見た目の奴らは、どうせ脳筋なんだろうなぁ~」

思ってたんですが、とてもテクニカルに戦う奴らでビックリしました。

最近のぼくのお気に入り、今回はそんな奴らの紹介です。

最後までお付き合いください。

2023/10/21
目標カードなどを追記しました。


ルール:略奪


利用可能な特殊地形トークンとは?

1対1のときには2個まで使えるトークンで、戦場に置くときは裏面を上にして配置します。

(3人のときは3個、4人のときは4個置けます)

名前の通り、上に乗っていると特殊地形トークンに乗っているとして扱われます。


その攻撃アクションが対象を戦闘不能にしたらなので、押し出して致命ヘックスで倒したときはダメそうですね。


【影より生まれし者】では遮蔽ヘックスにいると、そこから『影からの奇襲』が使えます。
【サエてる奴ら】でも目標カードの達成条件になってるので、これは嬉しい要素です。
忘れずに使いましょう!

↓特に記載がないんですが、利用可能な特殊地形トークンは
罠か遮蔽トークンとして配置できるであってるんですかね?

2024/12
デスゴージから利用可能な特殊地形トークンは
・遮蔽ヘックス
・封鎖ヘックス
として置けるみたいです。
封鎖ヘックスは【追放されし亡者ども】などの数で囲ってくるウォーバンド対策にメチャクチャ重要です。
ぼくは良く忘れちゃうんですが笑、忘れずに使いましょう。


はじめに:ハロウディープの好敵手について

この商品は昔、ウィルドホロウなどと同じ感じで『ハロウディープ』という名前で発売されていました。

この商品が終売になりゲームボードやサイコロが無くなって、

ミニチュアとカードのみがハロウディープの好敵手として発売になりました。

アンダーワールドを遊ぶにはボードが必要なので、

~の好敵手という商品を買うだけではアンダーワールドを始めることができません。

注意しましょう。

ちなみにゲームボードが無くなった代わりに5000円くらい安くなっています。


奮起条件

最初に奮起条件を説明しますね。

このウォーバンドは

・3体以上の敵ファイターが戦闘不能状態
・他の味方が攻撃するときに援護をした
・自分が攻撃するときに援護をされた

上記どれかを達成すればOKです。

結構カンタンなんですよね。

後述しますが、リーダーのマノックのリアクションを使うことで

・援護された
・援護した

という状況を簡単に作り出せます。

慣れるまでは頭がこんがらがりますが、味方を指揮して有利に戦場を動かせたときは、

たまらなく楽しいウォーバンドです。


リーダー:サエてるマノック


このウォーバンドのリーダー。

見た目の通り高いタフネスで、攻撃方法は

・射程2
・成功出目ハンマー2
・ダメージ2

という平均的なモノを持っています。

奮起すると

・移動力が3→4
・攻撃のサイコロ数が2→3+重傷

になります。


このウォーバンドの顔とも言えるマノック。

突き抜けた攻撃力などはありませんが、このファイターの真価は

『賢けえ指揮』

というリアクションにあります。



他の味方ファイターとは書いてないので自身が移動したあとでも、

マノックが味方ファイターに隣接していれば、そのファイターを移動させることができます。


・マノックが敵ファイターに攻撃するために3ヘックス移動します
・味方がマノックに隣接しているので、援護になるよう移動させます
・援護した、援護されたので、両者ともに奮起します


こんな感じにマノックを中心にしてテクニカルに戦うウォーバンドが【サエてる奴ら】です。

※注意点
ファイターカードにも書いてありますが、隣接している味方ファイターに『移動アクション』を行わせる能力です。

そのため移動させた味方には『移動トークン』が置かれ、
『移動トークン』を持っているファイターは『攻撃』や『移動』はできますが、
『突撃』『薙ぎ払い』といった複合アクションができなくなります。


トルカ・タフスカル

このウォーバンドのメインアタッカー。

・移動力3(奮起で4
・射程2
・成功出目が剣2『捕捉』『重傷』(奮起でハンマー2
・ダメージ2


『捕捉』を持っているので、防御が回避のファイターに無双できます。

逆にストームキャストのような防御が盾のファイターには、奮起しないとちょっと物足りないスペックですね。


また

攻撃対象の2ヘックス以内にいれば、このファイターは援護をしていると扱われる

という能力があり、意外なところから援護ができるという強さがあるファイターです。

この状況でマノックの攻撃は、タフスカルから援護されています。


クルールグリン

ひとりだけ肌の色が違うクルールグリン。

奮起すると『鎧砕き』を持ちます。

このウォーバンドには『捕捉』持ちが2人いますが、『鎧砕き』はこの人だけです。


また

・専用のパワーカードが何枚かある
・ゼニ袋という特殊なアクションを持っている

ので、使いこなすのが難しいファイターです。

実際ぼくも、まだまだ全然使いこなせてません笑。

この人はもう少し使い込んで加筆しますね。

※ゼニ袋について
よくよく見ると

栄誉点を2点払う(不活性にする)と
クルールグリンが1回行動する代わりに
ミニオンが2回攻撃できる

と、凄いことが書いてありますね。
ミニオンは【サエてる奴ら】には2人いて、どちらもそこまで強くはありませんが、
『捕捉』を持ってたりするので、侮れない性能をしてます。


ギキット(ミニオン

ミニオンを持つファイター。

・移動力3
・防御は盾1
・HP2
・攻撃能力が高い訳ではない

と、ぱっと見はサエない奴です。

ただ、このファイターは援護を行うとき、2体分としてカウントされるという能力を持っています。

この状況でマノックの攻撃は、画像のサイコロ目も成功出目になっています。

ギキットとシャンク自体は攻撃力が高くないので、メインは

マノックの近くにいて、他の味方に合わせて移動させ援護をするという動かし方になります。

地味ですが援護出目が2個とも成功出目になるので、ほとんどのサイコロ出目が成功するようになりますね。


シャンク(ミニオン

ギキットと同じく2体分の援護としてカウントされるファイター。

こちらは射程3の攻撃を持っているので、案外攻撃することが多いです。

ダメージは1ですが、奮起すると『捕捉』を持つのもポイントが高い。


2023/10/21追記:目標カード

個人的にこの辺のカードは達成しやすいです。

3点取れる『いい感じのお宝』は、なんとしても達成したいところ。


・達成しにくいカード

このカードは相手のボードに『遮蔽ヘックス』を要求するので、達成するのが難しいです。

冒頭に書いた『利用可能な特殊地形トークン』を、上手に使いましょう。


2023/10/21追記:戦術・策略カード

リーダーのマノック専用強化カード。

マノックは突撃ではなく移動をすることが多々あり、その次のターンから射程4で攻撃できるのは貴重です。

成功出目が『剣』ですが、3個も振れるので、1回くらい当たるでしょう(希望的観測)。


こちらはクルールグリン専用カード。

『炎爆弾』は呪文じゃないのに相手にダメージを与える珍しいカード。


そして個人的に強いと感じているカード。

『格下の群れ』は隣接していないとダメという縛りはありますが、味方ミニオンを2体も3ヘックス押し出せます。

『間一髪』は、HPが2しかないミニオンを守るために使ってます。

これがあれば、突撃してきた敵の攻撃をいなし、そのまま囲んで殴れます!


明確な弱点

個人的にとても好きな戦い方をするウォーバンドですが、デッキ内に『遮蔽ヘックス』に関するカードが入っているという弱点があります。

←効果は強いんですが・・・


自分が『遮蔽ヘックス』があるボードを使えばいいんですが、それだと攻撃できる場所が限られてしまいますよね。

またこれはサエてる奴らに限った話ではなく『ネザーメイズ』のウォーバンド全体に言えますが、

自軍テリトリー以外に『遮蔽ヘックス』があるとといった相手依存のカードもあったりします。

つまり


ライバルデッキそのままで戦うときに対戦相手がサエてる奴ら(ネザーメイズ)なら、

自分は『遮蔽ヘックス』がないボードを選ぶだけで戦いが有利になります。

※もちろん相手がライバルデッキを変更している可能性はあります


手札に来たカードがどう頑張っても達成できないので、ラウンド終了時に捨てるしかないんですね。

ライバルデッキを変更すれば良さそうですが、
ぼくはまだ、この奴らにピッタリのカードを見つけられてません。

いろいろ調べてみて、ここに加筆しますね。


まとめ

今回はハロウディープのウォーバンド【サエてる奴ら】でした。

マノックを中心にして

・コイツを動かそう
・次マノックを移動させるからこいつはココに移動させとこう
・ギキットとシャンクは援護させたいけど、前に出すとすぐ倒されるからどうしよう・・・

と、かなり頭を使います。

何回もプレイするとめちゃくちゃ疲れますが「ボードゲームやってる感」があるので個人的にとても好きな奴らです。


明確な弱点で説明しましたが、残念ながらパワーカードがあまり強くなく、

がんばったけど勝てなかった!ということが多々あると思います。

ですが動かしていて本当に楽しいウォーバンドなので、ぜひ手に取って遊んでください。

買うときは当店のSTORESやBASEを利用してくれると、マキヲGのブログを書くスピードが上がります笑。

Just a moment...
WHUW:ハロウディープの好敵手たち 日本語版 | TCGショップMAG:ウォーハンマーショップ powered by BASE
※こちらの商品は8/24以降の発送になります。いまアンダーワールド商品を購入いただいた方に、おまけとして・限定イラストのカード6枚・奮起状態のイラストが違うファイターカードをプレゼントしてます。購入するときの備考欄に下記のどれが欲しいか記載...


それでは今回はここまでです。

良いゲームライフをノシ

コメント