google-site-verification=H3yru7RvTBt60z_X4bkHr2ST3fIk0s9p0J7_wAfepSc

ウォーハンマーを始めて6ヶ月、いまも使っているペイントツールを紹介!

WHを始めたばかりの人へ

こんにちは、マキヲGです。

ぼくは2021/7~ウォーハンマーを始め、早いもので半年ほど経ちました。

今回は、そんなぼくが現在もつかっている”道具類”の紹介です。

ウォーハンマーをはじめたころに似たような記事を書きましたが、こちらはいま現在の最新版になります。


それでは今回も最後までお付き合いください。

このブログは「ウォーハンマーを始めたい」という方に向け発信しています。


2023/9/28追記:ペイントハンドル

最近ミニチュアを破損してしまうことが多々あり、

どうしたもんか?と悩んでいました。

https://x.com/makiwoG/status/1701895934228246841?s=20


「たぶんペイントしてるときに机に押し付けてしまい、ムダな圧力がかかってるんだろう」

と仮設を立て、久しぶりにペイントハンドルを引っ張り出してきました。

https://x.com/makiwoG/status/1707197706647781536?s=20


近頃まったく使っていませんでしたが、やはり

・手が汚れない
・ミニチュアを机に押し付けない

と便利ですね。

今後も使って行こうと思ってます。

ペインティングハンドル Citadel Colour Painting Handle | TCGショップMAG:ウォーハンマーショップ powered by BASE
この商品は購入いただいたあと、1~2日で発送いたします。ベースを固定できるので、いろいろな角度からペイントできる便利グッズです。「塗ったところを触ってしまった」という事故を防ぐことができ、ペイントの質を上げてくれます。


ウェットパレット

はじめたころに買った”グリーンスタッフワールド(GSW)”の商品をいまも使ってます。

スポンジの上に敷いている紙が

『炙ったイカ』

みたいに丸まって来るんですが、これはこーゆーもんなのかな?

ってあきらめてます笑。


正直

「この手の商品は、どれをつかってもそんなに差はないのかな?」

という感想です。

GSWのパレットは↓のように『バンド』で止める作りになっていて、最近ほつれてきちゃいましたw


また、コチラの記事で100均の商品を使ったウェットパレットを紹介しています。

既製品を買うのも良し、時間があればあれこれ悩んでみるのも良し!

いろいろチャレンジしてみましょう。

100均で買った3つの商品を使い、ウェットパレットを自作する!
こんにちは長野県でカードショップを経営しているマキヲGです。 このブログは「ウォーハンマーを始めたばっかの僕が、ウォーハンマー始めたいけど何をやればいいのか分からない」という方に向け発信しています。 ゲームズワークショップ(GW)さんからは...


デザインナイフ

これは最近買ったんですが、もっと早く買えばよかったです。



●メリット

①斬れ味が鋭く、ミニチュアのゲート跡をケズるのに便利。

②刃先が細いため、後述の『モールドリムーバー』が入らない場所を削ることができる。

●デメリット

①ちょっとミスって刃先が指に当たったりすると、かんたんに出血する。

②ミニチュアに対して平行に刃を当てないと、思っているよりガッツリ削れてしまう。


公式の商品は4000円するので、タミヤさんの700円くらいの製品を使ってます。

5倍の値段差があるんで、それだけ何か違うんだろうか?

でも4000円払うんだったら、何かミニチュアを買いたいですよね。


モールドリムーバー

これはとても使いやすくて、おすすめの商品です。



●メリット

①こちらは前述の『デザインナイフ』と違い、刃がないので指で触っても安全。

●デメリット

①刃がないため、デザインナイフよりは斬れ味が悪い。
②先端が尖っていないので、細かい作業や小さな隙間には向いていない。


こちらの商品は『自分が想像していたより削れてしまった』という事故はありません。

ゆっくり確実に削っていく、という使い方になりますね。

最近デザインが一新されました。

ぼくは↑の無骨な感じが好きなんですが、こっちはこっちでシュっとしていて好きですね。

モールドリムーバー | TCGショップMAG:ウォーハンマーショップ powered by BASE
『バリ』や『パーティングライン』を処理するリムーバーです。ニッパーで切った跡を平らにできます。カッターのように「刃」ではないので、切り傷をする心配がなくオススメです。スリットがありますが、そこにはBASEのフチを当てるようです。ベースデコレ...


キッチンペーパー

洗った筆の水分を取るために使ってます。

何種類か試しましたが、特に差は感じられませんでしたね。


フデピカリキッド、コンディショナー

これもずーっと使ってますね。

最初に買ったモノがまだ無くなってないだけなんですけどね。



ぼくの買った商品がいま売っていないようなので、コチラもオススメです。



フデピカリキッドについて。

ビンの中に筆を突っ込むのではなく、スポイトを使って溶液を吸い出して使います。

なので皆さんはこう↓ならないよう注意してくださいね笑。


まとめ

今回は、いまぼくが使っているペイントツールの紹介でした。

ウォーハンマーをはじめて6ヵ月。

いろいろ試してきたなかで生き残った精鋭たちです。

このなかでの1番のオススメを決めるとしたら

「モールドリムーバー」

ですね。


モールドリムーバー | TCGショップMAG:ウォーハンマーショップ powered by BASE
『バリ』や『パーティングライン』を処理するリムーバーです。ニッパーで切った跡を平らにできます。カッターのように「刃」ではないので、切り傷をする心配がなくオススメです。スリットがありますが、そこにはBASEのフチを当てるようです。ベースデコレ...


パレットやデザインナイフは他社製品でも替えがききます。

ですがこのリムーバーは、現在のぼくのなかでコレ以外ないベストな商品です。

あと見た目も好きです笑。


今回はここまでです。

みなさんのお気に入りツールがあったら、コメントで教えてくださいね。

それではよいペイントライフをノシ


ほかのウォーハンマー記事はこちらからどうぞ↓

ウォーハンマー
「ウォーハンマー」の記事一覧です。

コメント